tartaruga(タルタルーガ)

日本
創業年度:2001年~

タルタルーガのプロダクトデザイナー、吉松尚孝氏

世界を目指すプロダクト・デザイナーが描いた新しい乗り物

Tartaruga Entertainment Worksは大手ビデオゲーム機メーカーで数多くの 業務用アミューズメントマシンのヒット作を手がけたメンバーが中心となって 設立されたデザインスタジオ。
まるでゲームの題名になりそうなロゴや創られる自転車はデザイナー吉松尚孝氏の手 によるもの。

TYPE SPORT

Type Sport TYPE SPORTの乗り心地の良さ、荷物の積載性能は他ブランドの追随を許さない確固たる地位を築く最強のフォールディングツーリングバイクである。
その完成度の高さは、ある芸能人から「どんな人が乗っても不幸せにならない!」と言わしめるほどである。

TYPE FOLDING

Type Folding また、Tartarugaを語るうえで外せないのが設立当初から発売されているフォールディングセミリカンベントバイクのTYPE FOLDING。
発売以来、多くのユーザーからの意見を反映しながら着実に進化を遂げてきたが、最初から変わらないコンセプトが自転車に乗っている時に見える景色の素晴らしさ、ペダルをこぐ楽しさの追及である。
残念ながらまだ言い表す言葉が見つかっていないTYPE FOLDINGに乗った時の楽しさは、
ご体感した方のみぞ知る世界そのもの、それがTYPE FOLDINGの全てである。
通常、自転車はママチャリでは前向き、ロードバイクでは下向きに顔が向く体勢になるが、TYPE FOLDINGは顔が上向きになる姿勢で楽に走れるため、まるでオープンカーに乗っているような感覚が味わえる。
河川敷を一人乗りのオープンカーで独占できるのはTYPE FOLDINGの特権である。

サイクルハウスしぶやのタルタルーガ

しまなみサイクルハウスしぶやではTYPE SPORT・TYPE FOLDINGの性能を、様々な車両のカスタマイズで培ってきた経験を元に、より快適で楽しいサイクリングライフを送れるよう全力でバックアップしております。
Tartaruga製品は日本で取り扱い店舗数が極端に少ないブランドですが、当店は設立間もないころからTartarugaブランドと共に成長してきた経緯があり、オリジナルパーツの製作や相性の良いグッズを熟知したスタッフが在籍しておりますので、折りたためて気楽にツーリングできる積載性能の高い自転車を探している方には一番オススメできる車両と断言できます。

サイクルハウスしぶやのスタッフもTYPE SPORTでしまなみ海道の約80kmを楽々走破した時は、「荷物を積載してツーリングするならこの車両の他には考えられない!!」と感じたほどでした。しまなみ

Tartaruga製品は見た目は地味ですが一度乗ると「おっ!?」と思う不思議な自転車なので、ぜひ一度店頭で試乗しながら検討されることをおすすめ致します。

Tartaruga製品試乗車一覧

  • Tartaruga Type-S SD
    Tartaruga Type-S SD (9速)20km未満の街乗りなら十分な性能
  • Tartaruga Type-S スピードドライブ仕様
    Tartaruga Type-S SD (9速)どんな坂道でも走破するオリジナルカスタマイズ車
  • Type-S DX
    2005 BROMPTON T3 ブラック Mountain Drive仕様スタッフがしまなみを楽々完走したフラッグシップモデル
  • Tartaruga Type-S GT
    Tartaruga Type-S GT (18速)往年のツーリング車を彷彿とさせる渋いデザイン
  • Type-F
    Tartaruga Type-F (8速)自転車史上最強のオープンカー
  • Type-FSpeed Drive仕様
    Tartaruga Type-F (16速) リカンベントの弱点である坂道を余裕で昇る性能

 

 

渋谷店長のブランドインプレッション

デザインから生産まで一貫した、熱きブランド

tarutaruga(タルタルーガ)

03年ごろだったと思います。当時は、自転車をデザインした人と直接会って話をする機会なんてまったくなく、新鮮だったことを記憶しています。それから、彼とは親しくなり、ジョイントしてイベントをするような仲になりましたが、知れば知るほど、すごい男だなと感じます。例えば、新型が発売される前には、1ヶ月以上台湾の生産工場で寝泊りしながら、生産ラインを見張り設計どおりに作られているか確認しています。さらには搬送中に傷つかないよう梱包の方法まで、サイクルハウスしぶやオリジナルカスタム車両事細かに注文しているそうです。そして、最初の1台がきちんとコンテナに積み込まれてから、ようやく帰国するそうです。1台1台の自転車を、まるで自分の子供のように思っている。そういう男が作るブランドがタルタルーガなんです。既成概念にとらわれず、まったく新しい乗り物としデザインする彼の作品は、どれも細部まで完成度が高く、もちろん乗っても楽しいです。