birdy

バランスと拡張性に優れたフォールディングバイクの代名詞

birdyシリーズの特徴は折りたたみ自転車としてのバランスの良さです。
18インチのタイヤからは想像できないほどの走行性能を持ち合わせ、20インチへのインチアップや、 乗り方に合わせたスプリングのカスタマイズが人気です。 装着できるパーツの拡張性が高いbirdyは、無限の可能性を秘めています。

自転車ラインナップ birdyの最新ラインナップはこちら

birdyのことならサイクルハウスしぶやにおまかせ!

  • ご購入前に店頭でご自由に乗り比べ下さい!

    birdy試乗車一覧

  • CHしぶやならbirdyがお得!

    birdyご成約特典

サイクルハウスしぶやのbirdyカスタム

Coming soon…

ユーザーズボイス birdy編

Coming soon…

birdyヒストリー

マーカス・リーズとハイコ・ミュラーマーカス・リーズとハイコ・ミュラー。 1980 年代後半、ドイツのダルムシュタット工科大学で学籍を共にする二人は出会った。
当時から熱心なサイクリストであり、発明家でもあった二人は、即、意気投合。 小径で、前後輪にサスペンションを持ち、しかもそのピボット(支点)から分割してフレームを折りたたむという、かつてない独創的なフォールディングバイクのアイデアについて、日々、熱く語り合う時が続いた。
そして、1992年にはマーカスの父の倉庫で、廃棄自転車を利用した初めてのモックアップを手作り。
1994 年には、プロトタイプを完成させ、ドイツのケルンで開催される『IFMA』ショーに出展。 そこで、台湾から視察にやって来たパシフィック・サイクルズのジョージ・リンと出会う。 高度な技術力を持つ会社と契約することで、夢のフォールディングバイクは、夢から現実へと変化した。
そして、製品化されたbirdy は、1995年6 月に、ドイツ、日本、アメリカで正式なデビューを飾った。
発売から20 年を向かえた今も、その折りたたみ方法に変化はない。 しかし、剛性アップなど、製品は、今も確実に進化を続けている。