ミニベロE-Bike(電動アシスト自転車)の選び方

ヨーロッパを中心に広がり、日本でも活用する方が増えているE-Bike(電動アシスト自転車)。
当店はE-Bike(イーバイク)の中でも、いわゆるタイヤの小さな“小径車”を得意として幅広くラインアップおります。
日本の道路環境に合った「ミニベロE-Bike」の選び方をまとめましたので、ご参考にしてください。

ミニベロE-Bike(電動アシスト自転車)とは

ミニベロE-Bikeの基本

E-Bikeの‘E’はElectricの頭文字からきています。
街中で見かける電動アシスト付きママチャリや、電動アシスト付き子供乗せも 同じ‘電動アシスト自転車’なのですが、E-Bikeの定義として一般的なのは、 ママチャリタイプや、子供乗せタイプを除いた電動アシスト自転車のことを 指すことが多いようです。

つまり、「ミニベロE-Bike」とは、20インチ以下かつ電気で動く ママチャリ&子供乗せタイプ以外の電動アシスト自転車になります。

日本の道路環境および交通環境を考えると、こぎ出しが軽く、とりまわしの 良いタイヤの小さな自転車はとても重宝する存在です。

また、雨の多い環境から、折りたたみができるモデルにおいては 簡単に折りたたんで室内保管も可能になり、場合によっては たたんで袋に収納する事で電車やバスで移動する事も可能になります。

ロードレーサーやマウンテンバイクなどの大きいタイヤの自転車に比べて、 長い距離を走るのが苦手な小径車ですが、電動アシスト機能がある事で、 他の自転車では得られない利便性の高い性能はそのままに、 誰でも簡単に長い距離を走れるようになることが、 ミニベロE-Bikeの最大の特徴です。

折りたたみができる機能や、小径車ならではの扱いやすさ、 拡張性の高いミニベロE-Bikeは、数あるE-Bikeの中でも 日本の道路環境に最も適した自転車といっても過言ではないでしょう。

ミニベロE-Bikeのメリット・デメリット

ミニベロE-Bikeのメリット
  • 走りはじめや上り坂が楽に走れる
  • 誰でも長い距離が簡単に走れる
  • 車体が小さいため、扱いやすい
  • 跨ぐのが楽
  • 折りたためるモデルはコンパクトに収納可能
  • 折りたためるモデルは電車やバスなどの公共交通機関で持ち運びが可能
  • 個性的な自転車が多い
  • 街中のストップアンドゴーの環境で走りやすい
  • 小回りが利くため、狭い路地でも方向転換しやすい
  • たとえバッテリーが切れても、走る上での重さをあまり感じない
  • ハンドルの高さを変える機構が付いているモデルが多い
  • 身長が150cm台でも乗れるモデルが豊富
ミニベロE-Bikeのデメリット
  • モーターとバッテリーがあるため、重量が増える
  • 走行安定性がタイヤの大きい自転車に比べて少ない
  • 高速域での速度の維持が苦手
  • 通常の自転車と比べて価格が高価になる

ミニベロE-Bikeにおける電動アシスト機能が付く事による メリットは計り知れない物があります。

アシストのおかげで、今まで普通の自転車で辛い思いをしていた上り坂が楽々走れることと、 今まで経験した事がないような距離を走れるようになるのは、 サイクリングに出かける楽しさを倍増してくれます。

対してデメリットは少ないものの、気になるのは走行安定性でしょうか。 慣れやタイヤの太さ、自転車の特性によっても感じ方が変わるので、 実際には試乗するのが一番お勧めです。

ミニベロE-Bikeを用途別で選ぶときの
ポイントとお勧め車種

ミニベロE-Bikeを検討する際に、どんな用途でも重要になるのが「自分の体に合っているか」です。
どんなにカッコ良く、性能が高くても体格に合わない自転車を乗り続けるのは疲れるだけでなく、思わぬ怪我につながることもございます。

E-Bikeを使う上でなんとなくでOKなので、使う環境や用途を絞っていくと、 自転車選びがスムーズになっていきます。

用途別のポイント

①街乗り/ポタリング

普段の街中で移動手段や、ちょっとした自転車散歩をする目的でE-Bikeを 検討する場合、「サドルからハンドルまでの距離」と、 「ハンドルの高さに違和感がないか」がポイントになります。

街乗りやポタリングなど、のんびり・ゆっくり走る上で、ハンドル位置が楽なポジションで セッティングできると、景色や会話を楽しみながら走ることが可能です。

実際のポジションは店頭でまたがって走ってみることが一番分かりやすいです。

走る距離によってはバッテリーの容量はそこまで気にしなくても良いでしょう。 快適さを重視して、乗り心地を優先して選ぶのも○。

②輪行/旅行

電車やバスで移動したり、折りたたんで旅行先の旅館やホテルに送って、その先で使う場合に注目する点は「折りたたみやすさ」と「重量」、そして「たたんだ状態で持ち運びしやすいか」です。

E-Bikeの特徴として‘重たい’というポイントが最大のネックになりますが、重量の軽いモデルや、たたんだ状態で転がせる機能を持つモデルが増えています。

輪行や旅行にE-Bikeを検討する際は、折りたたみやすさや転がしやすさ、たたんだ状態でのサイズ感を確認するのが良いでしょう。

③通勤

通勤にE-Bikeを選択する場合は何と言ってもフレームの頑丈さが重要になります。
毎日使う事を考えると、充電回数を極力減らせるように、バッテリー容量の大きいモデルを選択すると、充電の手間を少なくできるだけでなく、バッテリー寿命を長くすることにもつながります。

次に重要なのがタイヤの強度と耐パンク性能です。
出勤時にパンクしてしまうアクシデントに遭ってしまうと、仕事に支障が出てしまいます。
できるだけタフでパンクしづらいタイヤが装着しているモデルを選択しましょう。

フェンダー(泥よけ)が装着できるモデルも使いやすいと思います

④ツーリング/ロングライド

長い距離を走る上で必要なのは、バッテリー容量の大きさです。
一度に走る距離が長ければ長いほどバッテリー容量が必要になり、距離によっては予備バッテリーを持って走ることも必要になります。

リアキャリアやパニアバッグ、フェンダーなどのオプションパーツが豊富なモデルを選択すると、旅先で必要になる荷物を積載する場合など、様々なシチュエーションに対応できるようになるでしょう。

⑤子供乗せ/買い物

幼稚園や保育園への送迎や、日常の買い物に必要な機能は、「チャイルドシートを装着できるか」と「前カゴもしくは後カゴを装着できるか」になります。

チャイルドシートを装着できるE-Bikeはまだまだ少ないのが現状ですが、お子様の送迎はもちろん、一緒にサイクリングを楽しむのは、思い出作りにも役立ちます。
チャイルドシートを装着できるリアキャリアの耐荷重は、安全性の関係でメーカー指定で決まっていることがほとんどなので、店頭でご相談いただくのが安心です。

買い物に使う場合は、「前カゴの装着可否」と「リアキャリアを装着できるか」がポイントです。

着脱式の前カゴを装着できるモデルもございますので、お気軽にご相談ください。

用途別のお勧め車種

用途別に合わせて使いやすい車種をまとめてみました。
紹介する項目に、検討されているモデルが入っていなくても、使い方や重要視するポイントがお客様によってそれぞれなので、あくまでも参考程度にご覧いただけると幸いです。

①街乗り/ポタリング

  • Daytona
    DEシリーズ

  • benelli
    ZERO N2.0 FAT

  • benelli
    mini Fold 16

  • Gic
    TRANS MOBILLYシリーズ
②輪行/旅行

  • benelli
    mini Fold 16

  • Gic
    TRANS MOBILLYシリーズ

  • BESV
    PSF1
③通勤

  • tern
    Vektron S10

  • BESV
    PSシリーズ

  • RIESE&MULLER
    Tinker
④ツーリング/ロングライド

  • Daytona
    DE01X

  • tern
    Vektron S10

  • BESV
    PSシリーズ

  • RIESE&MULLER
    Tinker
⑤子供乗せ/買い物

  • tern
    Vektron S10(チャイルドシート&前カゴ装着可)

  • Daytona
    DEシリーズ(前カゴ装着可)

  • Gic
    TRANS MOBILLYシリーズ(前カゴ装着可)

  • RIESE&MULLER
    Tinker(後カゴ装着可)

取扱いブランドの紹介

ブランド一覧

Daytona デイトナ
Daytonaは日本のバイク部品を製造する会社です。
電動自転車には見えないおしゃれなデザインが人気のDaytonaのポタリングバイクシリーズ。
普段使いから車での輪行など、初めての電動自転車としても扱いやすいシリーズです。
電動自転車は急な発進などの怖いイメージがある方は、最初にDE01に乗ると、まるで後ろから誰かにそっと押してもらう様な、自然で優しいアシストを体感できるでしょう。
折りたためるDE01、DE01S、DE01Xは簡単にたためるため、様々なシーンで活躍の幅が広がります。
DE01シリーズは、上位モデルになるにつれてアシスト力が強くなっていきます。
ミニベロタイプ(折りたたみでは無いモデル)のDE03は、普段使いの1台としてシンプルかつ扱いやすいモデルです。
気軽に乗れて気軽に走れて、一見すると普通の自転車にしか見えないDE03は、Daytonaのコンセプトが一番分かりやすく表れたモデルと言えます。
benelli ベネリ

benelliは元々はイタリアで1911年に自動車やオートバイのスペアパーツ製造会社として創立されました。
100周年を迎えた2011年に電動アシストの発売を開始した歴史あるブランドです。
ミニベロE-Bikeとしては3種類のモデルが発売されています。
Mini Fold 16はたたんだ状態で転がして移動ができる便利な機能を持っており、 16インチのコンパクトでありながら、1回の充電で走れる距離が、最長80kmもの スペックを持ち合わせています。
ZEROシリーズは20インチの安定感あるホイールサイズで、ミニベロE-Bikeのなかでも 折りたたみやすさが特徴です。
ZERO N2.0 FATは太いタイヤで乗り心地も良く、街乗りに適した自転車と言えるでしょう。

tern ターン

アメリカのternはヨーロッパでもシェアが高い折りたたみ自転車を得意とするブランドです。
Vektron S10のみの扱いになりますが、豊富なオプションパーツが発売されているので、 どんな使い方でもマッチするのが特徴です。
街乗りからロングライドまで、何でもこなす実績のあるE-Bikeです。

Gic ジック

海外の有名自動車のネーミングが入った自転車を多く扱っている会社がオリジナルで 開発した電動自転車がTRANS MOBILLY(トランスモバイリー)シリーズです。
電動自転車の中でも最小・最軽量を実現しているのが最大の特徴です。
バッテリーもコンパクトで重量も軽い事から、予備バッテリーを持ち運ぶのも 苦にならないモデルです。
電車・バス・車など、各種移動手段と組み合わせた輪行がしやすいので、 旅行に使うのも楽しいでしょう。

BESV ベスビー

台湾のデザイン賞などを受賞するなど、世界的にも勢いがあるのがBESVです。
ミニベロE-BikeのPSシリーズは、タフなフレーム強度に加えて、リアサスペンションの性能が高く、街乗りからロングライドまで、乗り心地良くガンガン走れる自転車になっています。
2019年10月に発売されるPSF1は、最大走行可能距離が90kmを実現し、オプションのキャスター付きリアキャリアを装着する事で、折りたたんだ状態で転がして運べる仕様にする事が可能です。
アンバサダーに女優の「のん」さんを迎えて精力的にPSシリーズの動画などを発信しており、 E-Bikeブランドの中でも注目度が高い存在になっています。

 
RIESE & MÜLLER ライズアンドミューラー

世界的に人気の折り畳み自転車birdyで有名なドイツメーカー。創業者であるマーカスリーズ、ハイコ・ミュラー両氏のものづくり
近年ドイツのメーカーらしいハイクオリティさで地元ドイツをはじめヨーロッパ各国でブレイク中です。
日本初上陸となるTinkerは内装変速ハブShimano “Alfine” 11速を搭載し、メンテナンスの簡単さとなめらかで静かな走りを兼ね備えており、さながらドイツの高級車を連想させる乗り心地が注目されています。


車種別性能比較表

※横にスクロールして下さい。
ブランド Daytona(デイトナ) Daytona(デイトナ) Daytona(デイトナ) Daytona(デイトナ) Tern(ターン) BESV(ベスビー) BESV(ベスビー) BESV(ベスビー)

benelli(ベネリ)

benelli(ベネリ) Gic(ジック) Gic(ジック) RIESE&MULLER
(ライズアンドミューラー)
モデル DE01 DE01S DE01X DE03 Vektron S10 PS1 PSA1 PSF1 mini Fold 16 ZERO N2.0FAT TRANS MOBILLY 14inch TRANS MOBILLY 16inch Tinker
価格(税別) ¥148,000 ¥185,000 ¥238,000 ¥139,000 ¥298,000 ¥276,000 ¥185,000 ¥245,000 ¥158,000 ¥158,000 ¥115,000 ¥120,000  未定
カラー シャンパンゴールド
ブラック
ホワイト
レッド
オレンジメタリック
ブルーブラックメタリック
ダークグリーンメタリック
パールホワイト
マットブラック
マットホワイト
シャンパンゴールド
ダークグレーメタリック
ダークグリーンメタリック
マットブラック
ライトシルバー
ホワイト
レッド
イエロー
(限定)カーボングレー
ホワイト
レッド
イエロー
(限定)マットブラックゴールド
(限定)マットブラックグレー
ゴールド
グレーブルー
サテンブラック
ホワイト
マットブラック
ミリタリーグリーン
マットブラック
レッド
ホワイト
マットブラック
シルバー 
ホワイト
オレンジ
ブラック
ブルー
タイヤサイズ 20x1.25 20x1.2 20x1-1/8 20x1-1/8 20x2.15 20x2.00 20x1.95 20x1.50 16x2.25 20x2.4 14×1.75 16×1.25 20x2.15
バルブタイプ 英式 仏式(英式変換アダプター付属) 仏式(英式変換アダプター付属) 仏式(英式変換アダプター付属) 仏式 米式 米式 米式 米式 米式 英式 英式 仏式
ホイールベース 1070mm 1070mm 1070mm 1040mm 1550mm 1040mm 1040mm 1070mm     868.2mm 907mm 1800mm
折りたたみサイズ 865×685×385mm 865×685×385mm 875×670×375mm   860×650×410mm     840×770×340mm - - 640×465×600mm 730×450×600mm -
重量(バッテリー含む) 16.8kg 16.1kg 17.07kg 16.2kg 19.8kg 17.4kg 19.6kg 18.3kg 17.6kg 19kg 11.9kg 12.9kg 24.4kg
ギア 外装7速
マイクロシフトRD-M35S
外装10速
マイクロシフト RD-R57SE
外装10速
シマノ RD-R7000-SS
外装8速
マイクロシフト RD-R32S
外装10段
SHIMANO TIAGRA
外装10速
SHIMANO DEORE
外装7速
SHIMANO ALTUS
外装7速
SHIMANO ALTUS
内装3速
SHIMANO SG-3R40
外装7速
SHIMANO TOURNEY
シングルギヤ 外装6速 
SHIMANO グリップシフター
内装11速
SHIMANO ALFINE
フレーム素材 A6061アルミニウム A6061アルミニウム A6061アルミニウム A6061アルミニウム / カーボン アルミニウム アルミニウム A6061アルミニウム A6061アルミニウム アルミニウム アルミニウム A6061アルミニウム
ブレーキ Vブレーキ Vブレーキ 油圧ディスクブレーキ キャリパーブレーキ MAGURA製
油圧ディスクブレーキ
油圧式ディスクブレーキ 機械式ディスクブレーキ 機械式ディスクブレーキ Vブレーキ ディスク Vブレーキ Vブレーキ SHIMANO DEORE
油圧ディスクブレーキ
モーターユニット デイトナ オリジナル デイトナ オリジナル デイトナ オリジナル デイトナ オリジナル Bosch:Active Line Plus BESV BESV BESV オリジナル オリジナル - - Bosch:Active Line Plus
アシストモード 1モード 1モード 1モード 1モード 4モード 1/2/3/Sモード 1/2/3/Sモード 1/2/3/Sモード 4モード 4モード 1モード 1モード 4モード
バッテリー 36V/6.6A
リチウムイオン
36V/6.6A
リチウムイオン
36V/6.6A
リチウムイオン
36V/6.6A
リチウムイオン
36V/8.2Ah
PowerPack300
36V/10.5Ah
リチウムイオン
36V/10.5Ah
リチウムイオン
36V/10.5Ah
リチウムイオン
36V/5.2A
リチウムイオン
36V/7.8A
リチウムイオン
24V/2.8A
リチウムイオン
24V/2.8A
リチウムイオン
36V/8.2Ah
PowerPack300
予備バッテリー価格 37,000円 37,000円 37,000円 37,000円 バッテリー単品
¥53,200(税込)
¥41,000 ¥41,000 ¥41,000 ¥22,000 ¥26,200 2.8A/15,000円、
4.0A/18,000円
※4.0Aは約3時間充電、
約24km走行可能
2.8A/15,000円、
4.0A/18,000円
※4.0Aは約3時間充電、
約24km走行可能
バッテリー単品
¥53,200(税込)
充電時間 4~5時間 4~5時間 4~5時間 4~5時間 フル充電2.5時間、
50%充電1時間
約4.5時間 約4.5時間 約4.5時間 4~6時間 4~6時間 約2時間 約2時間 フル充電2.5時間、
50%充電1時間
走行可能距離 約50km 約50km 約45km 約45km 約100km 70~100km 60~90km 60~90km 最長80km  最長65km  約12km 約12km  
モバイルバッテリー機能 あり あり あり あり なし     あり なし なし あり あり なし
適応身長 145~185㎝ 145~185㎝ 145~185㎝ 155~190㎝ 147㎝~195㎝ 約155cm以上 約153cm以上 約153cm以上     140cm以上 140cm以上 150~195㎝
ハンドル高さ調整機能 あり あり なし なし 有り なし(オプションあり) なし(オプションあり) なし(オプションあり・予定) あり あり あり あり あり
最大許容総荷重 100kg 100kg 100kg 100kg         120kg 120kg - - 135kg
チャイルドシートの装着 × × × ×   × × × × × × ×  
保証期間

保証期間1年間
バッテリー、コントローラー、モーター等の電気部品

保証期間2年間
フレーム、フロントフォーク、シフター、ディレーラー等の機構部品

保証期間1年間
バッテリー、コントローラー、モーター等の電気部品

保証期間2年間
フレーム、フロントフォーク、シフター、ディレーラー等の機構部品

保証期間1年間
バッテリー、コントローラー、モーター等の電気部品

保証期間2年間
フレーム、フロントフォーク、シフター、ディレーラー等の機構部品

保証期間1年間
バッテリー、コントローラー、モーター等の電気部品

保証期間2年間
フレーム、フロントフォーク、シフター、ディレーラー等の機構部品

  フレーム5年/電装系2年 フレーム5年/電装系2年 フレーム5年/電装系2年     バッテリー・充電器 1年
(充電回数300回以内、
初期容量の50%以下に
劣化した場合)
ユニット 2年
フレーム 3年
バッテリー・充電器 1年
(充電回数300回以内、
初期容量の50%以下に
劣化した場合)
ユニット 2年
フレーム 3年
 
備考       ステムは折り畳み可能   デュアルサスペンション デュアルサスペンション リアサスペンション          
※仕様は変更になる場合がございます。

実際に試乗してみよう!

ミニベロE-Bikeが欲しくなった!という方はぜひ店頭で実際に試し乗りしてみることをお勧めします。

百聞は一見にしかず、どの車両も無料で試すことができますので、お気軽にご来店ください。

試乗までの流れとポイント

試乗する際は、店頭のスタッフにお声掛け下さい。
乗ってみたい車種がある場合、試乗車の特徴や使い方、注意事項を簡単に説明した上で実際にご試乗いただけます。
何回でも乗り比べができますので、気になる車種はどんどん乗り比べてみましょう。

試乗するうえでのポイントは、乗った時のポジション、乗り心地、アシスト力、モード切替の操作性などを 意識して乗ると、自転車の良さが分かりやすいです。
そして面白いのは、E-Bikeの電源をあえてオフの状態で走ってみる事です。
意外な走り心地が体感できると思います。

試乗車一覧

     

  • Daytona
    DE01
  •  

  • Daytona
    DE01X

  • tern
    Vektron S10

  • BESV
    PSA1

  • BESV
    PSF1(入荷後準備予定)

  • benelli
    ZERO N2.0 FAT

  • benelli mini Fold 16

  • RIESE&MULLER
    Tinker

お勧めコース

ご試乗体験は、特にコースや時間の指定はしておりませんので、気兼ねなくお試しいただけます。

初めてお花茶屋に来る方も多いので、土地勘がない場合は、まずはお花茶屋店裏にある大きな公園をぐるりと一周回ってみるとよいでしょう。
参考走行時間:約5分

時間に余裕がある方は、道幅が広くて坂道が試せる荒川河川敷に行ってみるのもお勧めです。
参考走行時間:約30分

よくある質問

Q.​バッテリーが切れるとどうなりますか?
A.​バッテリーが切れても普通の自転車として走行可能です。

Q.​電動アシスト自転車は雨や水に濡れても大丈夫ですか? ​
A.​雨天走行も問題ないように設計して作られています。しかし、高圧洗浄機やホースを使った高い水圧での清掃はおすすめできかねます。

Q.​バッテリーは継ぎ足し充電したら寿命が下がりますか? ​
A.​リチウムイオンバッテリーを使っているため、継ぎ足し充電しても問題ございません。

Q.​バッテリーに充電機を挿したままで放置しても大丈夫ですか?
A.​充電が完了すると自動的に通電が遮断される仕様になっているので、電気が流れすぎたり温度が上がりすぎたりすることはございません。 しかし、長期間の挿しっぱなしは、バッテリーの自己放電により、満充電に近い状態で再充電を繰り返してしまうため、バッテリーの寿命を低下させる原因につながります。

Q.​バッテリーの寿命はどのくらいですか?
A.​走行条件や充電条件によって変動しますが、充電を繰り返すことで少しずつバッテリーの容量が減っていきます。 目安としては、バッテリー容量0から100%までのフル充電(50%の充電を2回に分けた場合、カウントは1回)を700回した場合に全容量の50%以上が確保されるようになっています。 フル充電での走行可能距離が極端に少なくなった場合は、バッテリーの交換が必要です。